除湿機使ってますか?家事を楽に。自分に合った除湿機の選び方

呼吸器系アレルギー体質、風子です。

 

梅雨がようやく終わりそうですね。

でもその後も、湿度が高い夏はしばらく続きます。

皆さんは除湿機、使っていますか?

 

室内の湿度は快適に保たれていますか?

衣類は生乾きになっていませんか?

雨続きで洗濯が苦痛になっていませんか?

 

それ全部、除湿機が解決してくれますよ!

エアコンの除湿じゃダメなの?

 

ぜんぜんダメじゃないと思うよ。

 

エアコンの除湿モードや、洗濯機の乾燥機能、浴室乾燥機など、乾燥方法はいろいろあるので、自分にあった方法でいいと思います。

 

でも私は除湿機をおすすめします!

 

今日はその理由と共に、除湿機の選びかたなどをわかりやすくまとめていきたいと思います。

 

  目次

 

快適な湿度とは

出典:https://panasonic.jp

 

快適な湿度は、40%~60%の間とされています。

 

湿度40%を切るとウイルスが活発になり、風邪を引いたりインフルエンザになる危険性が高まります。

 

湿度60%を超えるとカビやダニが元気になり、繁殖してしまいます。

カビは1度できてしまうと、なかなか完全に除去するのが難しくなります。

 

私は呼吸器系のアレルギー体質なので、カビやダニは避けたいところ。

なので家の中の湿度には、いつも気をつけています。

 

他の乾燥方法との比較

衣類を部屋干しした時の、乾燥時間と乾燥までの光熱費のめやすです。

 

除湿機

乾燥時間 3時間50分

光熱費 25円

 

浴室換気乾燥機

乾燥時間 2時間~3時間

光熱費 60円~80円

 

エアコン除湿機能

乾燥時間 2時間40分

光熱費 33円

 

洗濯乾燥機

乾燥時間 2時間10分~20分

光熱費 34円

 

※数値に関しては「東京電力技術開発研究所」の実験結果及び、「TOTO」浴室換気乾燥機の使用説明書を参考にさせていただきました。

※上記数値は、機器、メーカー、使い方のモード、室内の状況により異なります。

 

 

乾燥時間が短いのは洗濯乾燥機。

光熱費が安いのは除湿機。

 

ということになりますね。

 

浴室換気乾燥機の光熱費が高くなっていますが、これも「節約モード」で使うとかなり安くなるようです。

 

私が除湿機をおすすめしたい理由は、除湿機は「自由に移動できる」というところです。

 

衣類の乾燥をしたいだけなら、洗濯乾燥機や浴室換気乾燥機でもいいかもしれません。でも梅雨時など、家中の除湿がしたいときがあります。

 

エアコンを設置していない部屋もあります。

玄関や廊下を除湿したいときもあります。

 

そんなとき、どこにでも持ち運べる除湿機の自由度の高さは、とても使い勝手がいいんです。

 

そもそも賃貸だと、浴室乾燥機なんて付いていなかったり、エアコンの性能が悪いなんてこともあります。

うちがそうです・・・。

 

なので我が家は「除湿機」様様です!

 

除湿機の選び方「メリット・デメリット」

除湿機は除湿方式によって性能が違います。

自分の使い方に一番適したものを選びたいですね。

 

デシカント(ゼオライト)方式

メリット

除湿量が安定。本体がコンパクト。

デメリット

室温が上昇する。消費電力が大きい。

適した時期

室温が上昇するため、夏に使うと地獄のような暑さになる。

気温が低くても除湿してくれるので、冬の寒い時期の使用がおすすめ。

 

コンプレッサー方式

メリット

室温がほとんど変化しない。除湿量が多い。消費電力が小さい。

デメリット

気温が低いと除湿力が低下する。本体が大きい。音が大きい。

適した時期

室温があまり上がらないので、夏や梅雨時の使用がおすすめ。

気温が低いと除湿量が減るので、冬の使用には不向き。

 

ハイブリット方式

メリット

室温がほとんど変化しない。低い気温でも除湿量が一定。

デメリット

本体が大きい。本体価格が高い。

適した時期

デシカントとコンプレッサーの「良いとこどり」なので、1年中使用できて便利

 

まとめ

だけでいいなら、コンプレッサー方式。

に使いたいなら、デシカント方式。

1年中使いたいなら、ハイブリット方式。

 

というように、使い方によって選ぶべき除湿機が変わってきます。

 

私はデシカント方式とコンプレッサー方式のものを1台ずつ持ち、場所や時期によって使い分けています。

 

使い勝手でいえば、絶対ハイブリットがおすすめです。

というかハイブリット欲しい。

でも高いんですよね・・・。

 

こちらのサイトでは「2019年最新版」の除湿機を実験検証しているので、とても参考になります。

the360.life

この「the360.life」さん、企業広告を一切載せていないためメーカーへの忖度がなく、独自の実験結果のみで検証されています。

公平で信用できそうだね!

 

おわりに

除湿機を使う前は、天候に左右される洗濯がおっくうで仕方ありませんでした。

 

でも除湿機を使うようになってからは、天候に左右されず、好きな時に洗濯ができるようになりました。

 

とても快適です。

 

最後にもうひとつおすすめするのは、温湿度計との併用です。

シチズン コードレス温湿度計(簡易熱中症指標表示付き) THD501

シチズン コードレス温湿度計(簡易熱中症指標表示付き) THD501

 

私はこの温湿度計を使っています。

 

晴れていても、外の湿度が意外と高いことってありますよね。

そんなとき、この子機を外に置いておくことで、外の温度、湿度がわかるのでとても便利です。

 

便利なものは利用して、家事をどんどん楽にしていきましょう!

 

今日のねこ

猫の体調管理にもおすすめ。

機嫌悪そう・・・

腹減った

暑くない?

快適~

この子はアツアツの部屋がお好みです・・・