【読書】心が疲れたときに読んでほしい「町田くんの世界」

引きこもり在宅ワーカー、風子です。

 

今でこそあまり人と関わることなく、気楽な引きこもり生活をしていますが、前に会社員をしていたときは、それなりに人間関係に疲れていました。

 

そんなときに出会いたかった、「町田くんの世界」を紹介したいと思います。

 

人づきあいにストレスを感じている人、心が疲れてしまっている人は、いますぐ町田くんにいやされてください。

 

  目次

 

「町田くんの世界」概要

町田くんの世界 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

町田くんの世界 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

 

全7巻

作者:安藤ゆき

出版社:集英社

連載誌:別冊マーガレット

 

「町田くんの世界」あらすじ

町田くんは

不器用で

見た目は優等生

でも勉強は苦手で

抜き打ちテストの点数は38点

まじめだけど要領がわるく

運動も苦手

アナログでスマホも持たず

自分に得意分野なんてないと思っています

 

でも彼は

人が好きで

世界を愛し

全ての人にやさしく

人が怖くて距離をおいている人にも

まっすぐな愛を与え

自分はモテないと思っているけど

そのまっすぐな愛で

みんなが彼を愛してしまう

 

そんな町田くんの世界のおはなしです

 

心を打つ町田くんのことば

町田くんの愛あることばは、どれも胸にささるものばかりですが、特に印象的だったことばを紹介します。

 

誰もが誰かの大事な人なんだ

町田くんはある日迷子の女の子と出会います。

その子は、大好きなママとパパ以外の人に対して、ブス、汚い、きもちわるい、など、心ないことばを投げかけます。

そんな困った子に、町田くんが言ったことばです。

 

自分とは関係のない人でも

誰かの母親かもしれない

誰かの姉かもしれない

そして誰かの子どもなんだ

自分とは関係のない人でも

誰かにとっては大事な存在なんだ

そう思うときっと世界は君にずっと優しくなるよ

 

一字一句違わずではありませんが、こんなニュアンスのことばでした。

 

私は東北地方の田舎町で生まれ育ちました。

東京にきたとき、人の冷たさにとても驚きましたが、でもすぐに、みんなすごく警戒心が強いのだとわかりました。

人が多い分、危険なことも多いから、どこに危ない人がいるかわからないから、みんな壁を少し高くして生きているんだなと思いました。

 

町田くんは知らない人でも、怪しい人でも、放っておけません。

みんなを平等に愛します。

悪い行いをしたら、その理由を聞かせてほしいと言います。

 

困ったことがあったらすぐに頼ってください、と手を差し伸べます。

 

誰もが誰かの家族だから。

みんながみんなの家族だから。

 

そんな彼を、男も女も、おじいさんもおばあさんも、

みんな町田くんを好きになります。

みんな町田くんの虜(とりこ)です。

 

今の現実では、町田くんのように生きることはとても難しいことです。 

でも少しでも、みんなが町田くんのように「人類みな家族」と思えれば、もっとやさしくて平和な世界になるのにな。

 

私も誰かのために、すぐに手を差し伸べられる人になりたいです。

 

「町田くんの世界」映画化

2019年6月に映画化されました。

wwws.warnerbros.co.jp

監督:石井裕也

出演:細田佳央太、関水渚、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子 他

 

映画ではファンタジー色が強くて少々びっくりしてしまいました。

町田くんの存在自体がファンタジーということなのでしょうか。

 

でも町田くんの世界がファンタジーというのは、少し寂しい気がします。

ありえないほどにピュアな存在だけど、どこかにこんな人がいてほしい、と思っているから。

 

世界にひとりでも町田くんのような人がいれば、そこから放射状に、ジワジワとやさしさが広がっていくと思うんです。

そしていつか世界中がやさしさでいっぱいになればいいな、と願います。

 

映画で面白かったのは、前田敦子ちゃん演じるサカエさんです。

前田敦子まだ女子高生役やってるのか!

とそこから驚きでしたが、口の悪いサカエさんをとても魅力的に演じていました。

 

おわりに

町田くんのように、すべての人を愛することはとても難しいことです。

 

合わない人もいるし、苦手な人もいる。

自分のことさえ、好きになるのは難しい。

まわりの人間関係にふりまわされて、心が疲れてしまうこともあります。

 

そんなときは「町田くんの世界」を読んでください。

町田くんの愛で、硬くなったこころが、少しだけやさしくなれると思います。

 

町田くんが愛する世界で、

私も世界を美しいと思える日がくるといいな、

と心から思います。

 

今日のねこ

ぶっすー(不機嫌)

ぶっすー(横から)

ぶっすー(上から)

この子はアレルギーがあって、ご飯が合わないとかゆくてかきむしってしまいます。

そんなときに便利な「アンリッカラー」

可愛くてとってもお似合いですが、本猫は不機嫌です・・・。