人に与える印象は「声」だけで4割。声帯の老化を防ぐ3つの対策

今回の記事にはなんの関係もありませんが、ドラマ「凪のお暇」にはまっています。

自由なゴンちゃんも捨てがたい(?)ですが、私は断然シンジ派です。

シンジ可愛いすぎる。

すみません、見てない人にはなんのこっちゃですね。

 

こんにちは、風子です。

 

先日、地元にいる妹が遊びにきました。

久しぶりにお互いの近況なんかを話していたら、2時間ほどたって、私ののどに異変が現れました・・・。

 

なんだか声がかすれる。

痰がからんでしゃべりづらい。

 

え、ナニコレ。

のどが枯れてる?

2時間しゃべっただけで?

 

別に大きな声を張り上げたり、爆笑したりしていません。

ただただ静かにおしゃべりをしていただけでした。

 

「おねえちゃん、声帯、退化してるんじゃない」

 

ガーン(古。でもこれに新しい言い方ってあるのかな?)

 

確かにもう何年も在宅で仕事をしていて、仕事のやり取りも100%メールです。

人と話すということがありません。

 

唯一の話し相手である夫は社畜で、帰りは遅く、休みもほとんどないという人。

話さないわけではありませんが、長時間話をすることはありません。

 

最近誰かと話したか?

近所のドラッグストアのレジで「ポイントカードありますか?」って聞かれて、「あります」って言った・・・。

4文字

 

実は最近、唾液が気管に入ってむせることが多いんですよね。

もしかして、これも関係あるのか?

 

引きこもりは気楽だな~なんて思っていましたが、なんだか怖くなってきました。

このままではダメな気がする。

 

使わないことで声帯が退化するのか、その影響は他にも及ぶのか、調べてみました。

 

  目次

 

声帯は退化するのか

声帯の仕組み

声帯は左右一対になっており、そのすき間を呼気が通り抜けて振動することで声が出ます。

 

ぴったりと閉じることが大切で、声帯がやせてすき間ができ閉じにくくなると、息がもれて振動が弱くなり、声がかすれるようになります。

 

声帯は老化する!

声帯を開いたり閉じたりしているのは筋肉です。

腕や足の筋肉と同じように、使わなければ衰えてやせていきます。

 

声帯も老化するんですね・・・。

 

声帯がやせるとどうなる?

声帯は閉じることで、気管や肺の空気圧を高め、踏ん張ったり、痰を出しやすくします。

声帯にすき間ができると、息が続かない、力が入らない、せき込みやすくなる、などの症状がでてきます。

 

ひどくなると、食べ物や唾液が食道ではなく気管に入る「誤嚥(ごえん)」をおこしてしまいます。

 

あ、私これだ・・・。

 

人は見た目と「声」が9割

人は見た目が9割 (新潮新書)

人は見た目が9割 (新潮新書)

 

 

「メラビアンの法則」をご存じでしょうか?

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した概念で、話し手が聞き手に与える印象を数値化したものです。

  • 見た目・・・55%
  • 声・・・38%
  • 話の内容・・・7%

驚くことに声が4割近くを占めています。

 

以前「人は見た目が9割」という本が話題になりましたが、

「人は見た目とが9割」

ということになるようです。

 

「人は見た目が9割」の竹内一郎さんの著書で「人生は「声」で決まる」という本があります。

人生は「声」で決まる (朝日新書)

人生は「声」で決まる (朝日新書)

 

声とは教養そのものである。 声に気づけば、人間関係が潤う。
私たちは話す内容より「声」で判断される──

出典:amazon.co.jp

 

ここでもやはり話す内容より「声」と言われています。

声って思いのほか、対人関係において大切なんですね。

 

声帯の老化を防ぐ方法

きたえる

使わないことで老化が進んでいるので、やはり「使う」ということが一番の対策になるようです。

  • 積極的に話す
  • 歌う
  • 文章を音読する
  • 朗読
  • ボイストレーニング

など、日々声を出す習慣をつけることが大切です。

 

乾燥に気をつける

声帯は1秒間に100回以上振動しています。

乾燥していると傷がつき炎症を起こして、声が枯れてしまいます。

 

室内の乾燥に気をつけて、マメに水分補給をすることが大切です。

 

以前BSプレミアムの番組で、1日に1.5リットルの水を10日間飲んだだけで、声帯の動きが滑らかで早くなり、声帯が閉じるようになったという実験結果が出ていました。

 

肌と同じように、のどにも潤いが必要なんですね。

 

睡眠をしっかりとる

声帯を動かしている筋肉が疲れていると、動きが悪くなります。

しっかり睡眠をとって、筋肉の疲労を回復させてあげることが大切です。

 

必要睡眠時間は個人で差があると言われていますが、一般的には6時間から8時間の睡眠で体全体の疲労回復ができ、声帯まわりの疲労もとれるようです。

 

おわりに

メラビアンの法則の「話の内容7%」って・・・。

話の内容7%って!

見た目と声がよければ、なにをしゃべっていても印象はいいってこと?

そんなバカな・・・。

 

今の私、見た目は坊主で、声はかすれて・・・え、最悪じゃないですか。

 

とりあえず、本の音読から始めてみようと思います。

カラオケ行こうかな。

 

見た目坊主の話はよければこちらからご覧ください。

www.huuko.work

 

今日のねこ

気持ちよさそうに寝ています。

ん?んん?

白目!

ちょっと怖い(笑)