蚊にさされたくない!蚊の活動時間、刺されやすい原因と対策

こんにちは、風子です。

 

もう夏も終盤というのに、今年初めて蚊に刺されました。

 

比較的蚊には刺されにくい方です。

まぁ引きこもっているので、単純に遭遇率が低いだけとも言えますが。

 

蚊に食料として血を差し上げるのはぜんぜん構わないんです。

いくらでもどうぞと言いたいところですが、かゆくなる成分をお土産においていくのはご遠慮申し上げたい・・・。

 

夏ももう終わるというこの時期に今さら感満載ですが、今月はお彼岸でお墓参りに行くという方もいるはず。

 

蚊にさされないためにはどうするとよいか、調べてみました。

 

  目次

 

蚊の活動時間

 一般的に人を刺す蚊は、ヤブカとイエカの2種類です。

 

<活動時間>

  • ヤブカ・・・昼から夕方
  • イエカ・・・夕方から夜

 

蚊に刺されないためには、午前中に外出するのがよさそうです。

 

蚊に刺される原因

田上大喜さんという方をご存じでしょうか。

「マツコの知らない世界」で紹介されて、一躍有名になりました。

 

田上さんは、蚊にさされやすい妹を助けるために、高校生のときに蚊の研究に取り組みました。

その結果、蚊に刺される原因は人の足に生息する「常在菌」にあるとわかります。

 

これは足の匂いとは関係なく、常在菌を多く持っているから臭いというワケではないそうです。

 

蚊に刺されないためには

足の裏をアルコール消毒する

足首から下全体を、アルコールで消毒します。

アルコール入りのウェットティッシュがあると便利ですね。

 

靴下を新しいのに取り替えればより効果的です。

 

おなか一杯吸わせた方がいい

蚊に刺されている途中で気が付いたら、慌ててフッと吹き飛ばしていました。

上からたたくという人も多いはず。

 

でももう血を吸い始めているなら、最後まで吸わせた方がいいそうです。

 

血を吸っている途中だと、かゆみの原因となる蚊の唾液が体内に残ってしまいます。

最後まで吸わせてあげると、血と一緒に唾液も吸い取ってくれるおかげで、かゆみが残りづらいのだとか。

 

途中で気が付いたら、そのままおなか一杯になるまで見守ってあげましょう。

虫嫌いの私としてはゾッとしますが・・・。

 

ハッカの香りで対抗

ハッカ油入り日焼け止め

以前「家でも使えるアウトドア用品」の記事で、アウトドアの専門家が考えた日焼け止めを紹介しました。

出典:https://outdooruv.com/

 

繰り出しタイプで塗りやすく、パッケージも可愛くてお気に入りです。

 

この日焼け止めは、ユーカリ・ハッカ油配合で、虫除け効果があります。

今までは顔にしか使ってなかったのですが、体にも使うことにしました。

 

ホワイトはけっこう白くなるので、顔に使うならナチュラルがいいかもしれません。

outdooruv.com

 

ハッカ油は揮発性が高いので効果が短いのが難点です。

ですがハッカのニオイは猫によくないので、外出中に全部揮発するくらいでちょうどいいと思っています。

 

猫飼いさんじゃなければ、こまめに塗り直すと効果的ですね。

 

「家でも使えるアウトドア用品」の記事はこちらからどうぞ

www.huuko.work

 

ハッカ油スプレーの作り方

スプレーだとこまめに使えてよさそうですね。

ドラッグストアで手に入るもので簡単に自作できます。

  • 精製水90ml

  • 消毒用アルコール10ml

  • ハッカ油20~30滴

 

簡単と言っても、私はめんどうで自作はしませんが・・・。

 

スプレーはめんどうなので、液体の日焼け止めにハッカ油をちょっと混ぜればいいんじゃない?

なんてグッドアイディア~

 

と思いやってみましたが、ちょっと無理がありました。

 

ハッカ油の原液はかなり濃いので、1滴混ぜただけでも香りはきついし、肌への刺激も強いです。

おすすめしません。

 

まぁハッカ油を原液で使う人なんていないかもしれませんが・・・。

 

おわりに

9月になっても暑い日が続いているので、蚊もまだまだ元気ですね。

今月はお彼岸もあるので、お墓参りのときは要注意です。

 

しっかり予防して、対策してでかけましょう!

 

今日のねこ

同じ角度のおふたりさん

はらへったぞ

この子は舌がよく出がち