安心の永代供養墓。心が洗われるお墓参りへ~秋のお彼岸~

こんにちは、風子です。

 

秋のお彼岸ですね。

お彼岸は「秋分の日」の前後3日間ということなので、今年は9月20日(金)~26日(木)までのようです。

 

私はいつも、川越にある義父のお墓参りに行きます。

 

うちからは電車3本とバスを乗り継いで、片道3時間弱の道のりです。

ちょっとした小旅行並みですが、私はこのお墓までの行程がなかなか好きです。

 

川越は小江戸と呼ばれる有名観光地で、休日は人込みでバスも進まなくなるほどですが、混んでいるのは駅近の有名な通りの辺りだけです。

 

少し離れれば田んぼが広がる穏やかな土地で、空気がきれいで、高い建物もなく、広い空が広がる風景が望めます。

 

人っ子ひとりいない光景にいやされる・・・

 

義父のお墓は、永代供養墓です。

 

義母はまだ元気ですが、いつか亡くなったときふたりで入れるように、夫婦で入れるふたり用のお墓を購入しました。

 

 

夫は長男で、私たち夫婦には子どもがいませんので、義父が亡くなったときお墓をどうするかは重要な問題でした。

将来後継ぎがいないのは明白でしたので、昔ながらの一般墓という選択はできません。

 

それでこちらの永代供養墓を購入しました。

 

永代供養墓とは、ある一定期間は個別に安置され、その後合祀される形態のお墓です。

(合祀されるまでの期間などはその施設によるようです)

 

こちらの川越の施設は、造園会社と契約されていて、ガーデニングがとても美しいのが特徴です。

一年中いつ行っても手入れが行き届いています。

 

 

今のところ年に4、5回はお墓参りに行けていますが、もし遠くに転勤になったりして頻繁に行けなくなったとしても、このきれいな環境なら安心して施設に任せられます。

 

本当にいいお墓を買ったなぁと、いつもお墓参りに行くたびに思います。

 

子どもがいないので、自分たちのお墓も早いうちから考えておかないと思いますが、これからはもっといろいろな形式のお墓がでてきそうですね。

 

今なら樹木葬がいいかな。

うちの猫たちと一緒に土にかえれたら最高です。

 

きれいな空気で心が洗われて、リフレッシュできたお墓参りでした。

 

今日のねこ

なんだよ

どアップ!

ちかすぎだろ

彼はあごニキビができやすい

なかなかキレイに治りません・・・