飽きっぽい性格を楽しむしかないという結論

こんにちは、風子です。

 

今日は自分の飽きっぽい性格について。

 

自分の飽きっぽさは、それはもう嫌になるほど自覚していますが、それは仕事や住むところにまで及びます。

 

 

仕事は、新卒で就職した会社には7年いました。

(今思えばよく7年もいたもんだ)

 

でもその後は派遣社員なのをいいことに、2、3年で飽きて次々と違う会社に移っていました。

 

今まで、いったいいくつの会社に勤めたのか・・・もうわからないくらいです。

 

住むところも同様。

飽きちゃうんです。

 

今まで3年くらいの周期で引っ越していたんですが、今住んでいる所には3年半います。

 

あぁ引っ越したい。

ここ飽きた。

 

最近「suumo」のサイトばかり見ています。

 

 

なんでこんなに自分は飽き性なんでしょうか。

ひとつのことを長くすることができません。

 

友人のなかには、新卒で就職した会社にずっと務めている人もいます。

もう勤続20年以上です。

本人に言ったことはありませんが、ひそかに尊敬しています。

 

すごいなー。

耐えられないなー。

 

あと実家にずっと住んでる人も。

 

本当にすごい。

子どものときからずっと同じところに居続けられる、その粘り強さ。

 

やっぱりそういう人は、周りからの信頼が厚いように思います。

 

私はなんでできないんだろう。

 

趣味も、仕事も、生活も。

すぐ飽きる。

熱中できない。

 

メリットもあるにはあると思います。

 

いろいろな仕事をしたことで、広い(限りなく浅いけど)経験ができました。

いろいろな会社で多くの人に出会えたことも良かった(のかもしれない)。

 

でもやっぱりこらえ性がなく飽きっぽい性格というのは、人として何か欠けている気がします。

 

 

でももうこの年齢まで好き勝手してきたのを、いまさら治すことは難しい。

これは開きなおるしかないんだろうと思っています。

 

それならこの飽きっぽさを逆手にとって、楽しんで生きていくしかありません!

 

さあ次は何をしようかな。

どこに住もうかな。

ワクワク。

 

 

次の4月、どうか夫に転勤の辞令が出ますように。

辞令が出なくても引っ越したい。

 

夫も猫も嫌がるだろうな。

 

今日のねこ

この子は上から見るとほんと美味しそう。

ほらこのおしりの辺りなんか、はむっと・・・

 

なぁに?

ミルクティ飲みたくなっちゃったな( *´艸`)