人間として尊敬しかない「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」ROLAND

こんにちは、風子です。

 

現代ホスト界の帝王と言われている、ローランド様をご存じでしょうか。

(尊敬しすぎて"様"をつけずにはいられません)

 

今はホストクラブのオーナーなど、実業家として活躍されています。

 

そんなローランド様の著書である

「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」

を読みました。

 

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方【電子特典付】

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方【電子特典付】

 

 

というかもう何度も読んでいます。

 

彼のポジティブあふれる言葉の数々に、胸を打たれまくりなのです。

 

ローランド様の見た目の美しさに魅かれる女性が多いかもしれませんが、私は、彼のどこまでもポジティブで、自分に誠実なところが魅力的だと思っています。

 

人間として素晴らしい。

 

感動ポイントがいっぱいありすぎて、何を紹介しようか選べないほどですが、特に私の心をわしづかみにした、ローランド様のありがたいお言葉をひとつだけ紹介したいと思います。

 

多ければ正しいとは限らない

 

人と違う事をすると、すぐに批判されたり、変な目で見られたりしますよね。

 

みんながしているのに、なんでお前はしないんだ。

みんなはこれが好きなのに、お前はおかしいんじゃないか。

 

私は子どもの頃からよく言われました。

 

言われるたびに、なんでみんなが好きだからって私も好きじゃなきゃいけないんだろう、とよくわかりませんでした。

 

バカにされるように言われるたび、とても悲しい気持ちになりました。

私は変なんだ、出来損ないなんだ、とずっと思っていました。

 

そんな自分の子ども時代にこのローランド様の言葉を教えてあげたい。

 

 

多ければ正しいとは限らない。

 

100人中100人に否定されても、その100人全員が間違っているかもしれないじゃないか。

 

 

自分の信じる道を自信に満ちて突き進み、挫折にも負けずに大成功をおさめた彼のセリフだからこそ重みがあります。

 

ローランド様を見習って、自分の好きなように、自分のやりたいように生きたい。

 

これからも心が負けそうになるとき、ローランド様の本を何度でも読み返していきたいです。

 

今日のねこ

飛んでる夢でも見てるかな( *´艸`)